合宿免許のオススメポイント

by author



自動車やバイクの免許取得を考えてる方々が一番に希望することは、やはり「免許取得までの早さ」だと言われてます。実際に自動車学校で免許取得をする場合には、まず公認の教習所で試験当日の実地(技能)試験をすでに終えた状態で筆記試験だけ受けて合否を確定させるのが効率的です。



通常の教習と合宿免許の違いと効率化についてですが、前者は受講生がスケジュールを決める為に免許取得までの期間が長くかかってしまいます。



反対に後者では教習所側がスケジュールを決める為に、最短の効率で免許取得までをサポートすることができるのです。


そして上記内容だと受講生の回転率も飛躍的に上がる為、教習所側としてもより多くの受講生を迎えることが出来るのでどちらにとってもWin-winの関係になるのです。

そして免許を取得希望の方々はどうしてもまとまった休み中に取得しようとする傾向がある為、夏休みなどのまとまった休暇では教習所も混雑することになります。



そこで上記ピークから外れた5月から7月や10月から12月までの期間で、割安の価格設定且つ回転率を上げることが出来る合宿免許のプランを用意してくることが多いのです。

通常の考えでは受講生の病気などのやむを得ない状況を除いて、教習所側のスケジュール通りに展開する合宿免許は良いことだらけと言えます。

食事や宿泊のプランも盛り込まれているにもかかわらず、通常の教習より期間も値段も安いのだったらこれを利用しない手はありません。